歯並びを整えて明るく健康的な笑顔に

横浜市港南区港南台歯医者「川平デンタルクリニック」では、矯正治療に力を入れています。矯正と聞くと「子どもの受けるもの」という先入観をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、矯正治療は大人になってからはじめても遅くありません。

歯並びの乱れは見た目の問題だけではなく、さまざまなトラブルの原因となってしまいます。歯並びや咬み合わせを整え、健康的な口元を手に入れませんか? 歯並びでお悩みなら、当院にご相談ください。

歯並びの乱れが招くトラブル

歯並びの乱れが招くトラブル

歯並び・咬み合わせの乱れは、さまざまなトラブルを引き起こす要因となります。

虫歯・歯周病になりやすい

歯列の乱れによって歯磨きがしっかりできず、口腔内が不衛生になって虫歯歯周病などのお口の病気になりやすくなる傾向があります。

発音が聞き取りにくい

歯の隙間から息漏れが起こったり、舌が動かしにくかったりすると、発音が上手にできていないことがあります。

消化器官に負担がかかる

咬み合わせが悪いと、うまく食べ物をすり潰すことができず、胃腸などの消化器官に負担がかかってしまいます。

肩こり・頭痛の原因になる

左右均等に咬むことができないため、顎関節や筋肉の使い方が偏り、全身の歪みにもつながります。肩こりや頭痛を引き起こす原因になることもあります。

コンプレックスに感じる

歯並びの乱れをコンプレックスに感じ、消極的になってしまう方は少なくありません。矯正治療を受けて歯並びを改善することで、気持ちを前向きにすることができます。

成人矯正のメリット

矯正治療を大人になってから始めるのには、いくつかメリットがあります。まず、顎の成長が完了しているため、治療計画通りに歯の移動が行え、子どもの矯正と比べると治療期間では短くなることが多いです。また、大人の矯正の場合、本人の強い意思ではじめられるので、治療成果がよく、虫歯や歯周病などのトラブルも起こりにくくなります。

川平デンタルクリニックの取り扱い目立たない矯正装置

クリアブラケット

クリアブラケット

歯の表面に金属のブラケットを取り付け、ワイヤーを使って歯を動かしていく一般的な矯正装置(マルチブラケット)と同じですが、ブラケットが透明なことが特徴です。装置自体が目立たないので、見た目を気にされる方におすすめです。

裏側(舌側)矯正

裏側(舌側)矯正

一般的な矯正装置(マルチブラケット)は、歯の表面にブラケットと呼ばれる金属の装置を取りつけてワイヤーを使って歯を移動します。それに対して裏側矯正は、歯の裏側(舌側)にブラケットを取りつけます。そのため正面から装置が見えず、矯正していることが気づかれにくいというメリットがあります。

インビザライン

インビザライン

インビザラインは、着脱可能で透明なマウスピースを使った矯正治療です。はじめに歯型を採取して理想的な歯並びをシミュレートし、最終的なゴール(理想的な歯並び)に向け、少しずつ形の違うマウスピースへ段階的に交換していきます。毎日、一定時間マウスピースを装着する必要がありますが、食事中や歯磨きのときには取り外せるため、お口を清潔に保ちやすいこともメリットです。

部分矯正(MTM)

すべての歯を矯正する必要はなく、数本の歯の矯正を行うのが部分矯正です。気になる部分だけを矯正できるので短期間で治療を行え、費用を抑えることができます。

矯正医のご紹介

矯正医

名前 長濱 諒
ふりがな ながはま りょう
経歴   

長崎大学歯学部 卒業

長崎大学歯学部 臨床研修 修了

昭和大学歯学部

歯学研究科歯科矯正学講座大学院 卒業

昭和大学歯科病院

歯科矯正学講座 助教


上に戻る