子どもの歯を虫歯からしっかり守りましょう

小さな子どもは自分でを守ることができないので、保護者の方がお口の健康を管理してあげる必要があります。横浜市港南区港南台の歯医者「川平デンタルクリニック」の小児歯科では、お子さまの健やかな成長のため、歯科として親御さまのサポートを行っています。子ども予防スペースやキッズスペースもご用意しておりますので、お子さまの歯で気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

子どもの歯が虫歯になる理由と特徴

子どもの歯が虫歯になる理由と特徴

生まれたての赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌が存在しないことをご存知ですか? 虫歯菌は、日々の生活の中でだ液を介して周囲の人から感染します。特に接する機会の多いお母さまから感染するケースが見られるので「母子感染」とも呼ばれますが、お母さまからだけでなく、ご家族の誰からでも感染する「家庭内感染」が原因。そこで家族全員で虫歯予防に取り組む必要があります。

また、乳歯は永久歯と比べて表面を覆うエナメル質が薄く、やわらかいために虫歯になりやすくなっています。さらに虫歯の進行が早いという傾向もあります。「乳歯は永久歯に生え替わるから」と軽視されがちですが、乳歯の虫歯は永久歯の歯並びなどにも大きな悪影響を与えます。反対に3歳くらいまで虫歯にならなかった場合、それ以降は虫歯になりにくいという統計データもあります。そこで、小さなうちから定期検診などで歯医者に通い、予防を行うことが大切です。

子どもが「歯医者嫌い」にならないようにするポイント

お子さんのお口の健康を守るには、歯医者に慣れることがファーストステップです。お子さんが歯医者に苦手意識を持ってしまわないように、保護者の皆さんに守っていただきたいポイントをご紹介します。

歯医者が好きになる5ステップ
毎日の仕上げ磨きで、お口をあけることに慣れてもらいましょう

毎日の仕上げ磨きで、お口をあけることに慣れてもらいましょう

はじめての歯医者でお口をあけるのは、お子さんにとって大変なことです。そこで毎日、親御さんが仕上げ磨きをしてあげて、お口をあける訓練をしましょう。

歯医者に行くことは前もって伝えましょう

歯医者に行くことは前もって伝えましょう

「今から歯医者に行くよ」といきなり言われると、お子さんは驚いてしまいますし、必要以上に恐怖を感じてしまいます。そこで数日前から虫歯のこと、歯医者の大切さなどを伝えて、心の準備をする時間を与えてあげましょう。

歯医者ですることを丁寧に教えてあげましょう

歯医者ですることを丁寧に教えてあげましょう

「行くだけだよ」「診てもらうだけだよ」と嘘をついて、歯医者にお子さんを連れてこられる親御さんがいらっしゃいます。でも、実際は歯医者に着いたら治療された……、お子さんは騙されたと思って、歯医者が嫌いになってしまうかもしれません。そこでご来院前には、何をするのかちゃんと伝えてください。

歯医者を脅し文句に使わないようにしましょう

歯医者を脅し文句に使わないようにしましょう

悪いことをしたお子さんに、「歯医者に連れていくよ」のように叱るのはやめましょう。「歯医者=悪いことをしたら行くところ=怖い場所」のように、マイナスイメージを持ってしまいます。

家庭内感染防止のために
  • 食べ物の口移しはやめましょう
  • 子ども専用の食器を用意して、食器を共有しないようにしましょう
  • 子どもの口や手にだ液がつかないよう気をつけましょう
  • 家族みんなのお口の中から虫歯菌を減らしましょう

子どもの虫歯予防

子どもの虫歯予防

大人でも子どもでも虫歯は「治療」よりも「予防」が大切。そこで歯が生えはじめたら虫歯予防に取り組むことをおすすめします。子どもは自分できちんとした歯磨きができませんが、歯ブラシを持つ習慣や歯ブラシの感触を覚えるために、自分の手で持たせてあげることからはじめましょう。最後にお母さまやお父さまが仕上げ磨きをしてあげることも大切です。

虫歯になりやすいケース
  • お口の中に虫歯菌が存在する
  • 虫歯菌の数が多い
  • 歯質が弱い
  • だ液の分泌量が少ない
  • 間食などで食べ物をダラダラ食べて、口の中に食べ物がある時間が長い
  • 食後の歯磨きや口ゆすぎなど、お口をきれいにする習慣がない

川平デンタルクリニックの子ども向け虫歯予防メニュー

歯磨き指導

フッ素塗布

歯の生え方や年齢、また発達度合いに応じて適切な歯磨き方法を指導します。保護者の方に仕上げ磨きのコツなどもお教えいたします。

患者さまに合った歯間ブラシ、デンタルフロスを処方

患者さまに合った歯間ブラシ、デンタルフロスを処方

「歯と歯の間」「歯と歯茎の間」「奥歯の咬み合う部分」など、歯磨きがしにくい場所は虫歯になりやすいポイントです。虫歯を効率的に予防するには、「磨きにくい場所」「汚れが溜まりやすい場所」を重点的にケアする必要がありますが、歯ブラシだけでは完全に汚れを除去できません。そこで場所や汚れに合わせて、以下のようにデンタルグッズを使い分けましょう。

・歯ブラシ……歯の表面や奥歯の上部の汚れ
・歯間ブラシ……歯と歯茎の間の汚れ
・デンタルフロス……歯と歯の間の汚れ

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の再石灰化を促し、歯質を強くする「フッ素」を歯の表面に直接塗布する処置です。定期的なフッ素塗布は、歯質が弱い生えたての乳歯や永久歯に効果的です。

シーラント

シーラント

歯磨きが行き届きにくく、虫歯になりやすい奥歯の咬み合わせ面の溝を、白い歯科用プラスチック(レジン)で塞ぐことで虫歯を予防します。

上に戻る