天然歯のような見た目と咬める歯を実現できます

横浜市港南区港南台の歯医者「川平デンタルクリニック」では、インプラント治療にも対応しています。当院ではインプラント治療に欠かせない歯科用CTの導入をはじめ、さまざまな安心して治療を受けていただける取り組みを行っています。インプラント治療をご希望の方、また興味のある方は、ぜひ当院へお問い合わせください。

自分の歯のような感覚で咬める

自分の歯のような感覚で咬める

インプラント治療では、歯を失った顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込みます。そこへ連結部品を取りつけ、セラミックなどの人工歯を被せることで、歯の機能を回復させます。骨との結合がよいチタンの特性を活かしたこの治療法では、硬いものでもしっかり咬むことができ、見た目も天然歯と見分けがつかないほどです。

しかし、顎の骨の状態などのよってはインプラント治療が困難な場合もあります。また、インプラントを埋め込むためには手術が必要なので、身体的・精神的・金銭的な負担があることもご理解ください。当院では、患者さまのお口の状態を確認し、最適な治療をご提案します。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントはその快適性から治療を希望される方が増える傾向にありますが、万能な治療法ではありません。メリットもデメリットもありますので、それらをきちんと理解したうえで、よりよい選択をしましょう。

メリット デメリット
  • 安定しているので咬み心地がよい
  • 定期的なメインテナンスを行うことで長期の使用ができる
  • 歯の本数に関わらず治療できる
  • 天然歯と見分けがつかないほどの美しさ
  • 自費診療なので高額
  • 外科手術が必要なため、身体に負担がかかる
  • 持病によっては治療が受けられない
  • 治療が完了するまでに3ヶ月~1年かかる事がある
  • 定期的なメインテナンスを怠るとインプラント周囲炎になる

安心・安全のインプラント治療のために

安心・安全のインプラント治療のために

インプラント治療でもっとも身体的負担となるのが、インプラントを顎の骨に埋入するときです。正しい位置に正しい角度で埋入できないと神経や血管の損傷、神経麻痺、腫れやアザなどさまざまなトラブルを招きます。近年はトラブルを回避するために、さまざまな手法が登場しています。当院では万全の体制でインプラント治療を行っていますのでご安心ください。

歯科用CTで的確な診断

歯科用CTを利用することで、歯の位置だけでなく顎の骨の厚み、血管や神経の通り道などを3次元画像で把握することができます。従来のレントゲンでは確認できなかった部分を正確に検査・診断でき、そのデータをもとにシミュレーションを重ねることで、より精密な治療計画の立案が可能です。

生体モニターで「万が一」の状況も察知

当院では、外科手術がともなうインプラント治療を行う際に、血圧、脈拍、動脈血中酸素飽和度などの状態を数値でくわしく把握できるコンパクトタイプの生体モニターを使用しています。生体モニターがあることで「万が一の事態」があってもいち早く対応できるので、高血圧の患者さまや心疾患のある患者さまの場合でも安全に治療を進めることが可能です。

サージカルガイド

サージカルガイドは、インプラントの埋入位置や角度、深さなどの精度を高めるためのガイドです。サージカルガイドの登場によって手術時にかかる時間も短縮され、症例によっては10分以内にインプラントを埋入できるようになりました。治療を短時間でできるので、お身体への負担も最小限に抑えることができます。

「骨量が足りずインプラント治療ができない」と診断された方へ

「骨量が足りずインプラント治療ができない」と診断された方へ

インプラント治療では、人工歯根を埋入するのに耐えうるだけの顎の骨量が必要です。そのため、歯科医院によっては、骨量が少ない方は治療ができないケースもあります。しかし当院では、骨量を増やす処置と組み合わせたインプラント治療も行っております。他院で断られて諦めていた方もぜひご相談ください。インプラントを実現するための治療計画をご提案いたします。

ソケットリフト法

上顎の骨が薄い場合、顎の骨の上にある空洞「上顎洞(じょうがくどう)」を押し上げ、そこへ骨補填材を注入して骨量を確保します。ソケットリフト法は、上顎の骨の厚みが4~10mmの方を対象として採用される方法です。歯肉切開が不要で、術後の痛みや腫れが少ないといったメリットがあります。

サイナスリフト法

同じく上顎の骨が薄い場合、上顎洞の底部を持ち上げて骨を再生する治療法です。持ち上げられた部分に骨補填材を注入して、骨量を確保できたらインプラントを埋入します。サイナスリフト法は骨の厚みが1~5mmの場合に採用されます。

GBR法

GBR法は歯周病治療にも用いられるもので、顎の骨が薄いところへメンブレンという特殊な膜を設置し、そこに自家骨(移植のために身体の別の場所から採取した骨)や骨補填材を詰めて骨の量を確保します。

2回法

1回目の手術でインプラントを埋め込み、骨にインプラントが結合するのを待ってから2回目の手術で接続部品(アパットメント)と人工歯を取り付けるのが2回法です。2度の手術が必要ですが、安全性が高いなどのメリットがあります。

ドリリング 埋入 治癒期間 アパットメント
取り付け
人工歯取り付け
ドリリング 埋入 治癒期間 アパットメント取り付け 人工歯取り付け
歯茎を切開し、インプラントを埋め込むための穴をあけます。 顎の骨にインプラントを埋め込みます。 インプラントを歯茎で覆い、縫合して3~6ヵ月ほど待ちます。 歯茎を再び切開し、連結部品(アパットメント)を装着します。 人工歯を取り付ければ、治療は完了です。

抜歯即時埋入

抜歯即時埋入法は、抜歯した当日にインプラントを挿入するため、手術当日から仮歯で食べものを咬むことができます。2回法のように治癒期間を待つ必要がないので、身体的な負担も最小限に抑えられます。

上に戻る