銀歯を白いセラミック素材に替える~審美治療~

横浜市港南区港南台の歯医者「川平デンタルクリニック」では、口元の美しさを実現するとともに、咬み合わせなどの機能面での改善に配慮した審美歯科治療を行っています。虫歯治療による銀歯やレジン(歯科用プラスチック)の見た目が気になっている方、美しい歯科素材に関心がある方はぜひ当院へご相談ください。白くて美しい、さまざまな種類のセラミック素材をご用意してお待ちしています。

銀歯を白い歯に替えるメリット

銀歯を白い歯に替えるメリット

保険診療での虫歯治療は、詰め物・被せ物に銀色の金属(一般にいう銀歯)やレジン(歯科用プラスチック)が用いられます。これらの素材は、最低限の機能性しかなく、白い歯列の中で目立つばかりか、劣化や変色が起こります。

特に銀歯の場合、長年の使用で金属イオンが溶け出し、歯ぐきが黒ずんだり、金属アレルギーの原因になったりすることがあります。当院では、こういった銀歯のデメリットを解消するために、白いセラミック素材を使った治療をご提案しています。

銀歯のデメリットとセラミックのメリット
銀歯のデメリット セラミックのメリット
  • 白い歯列の中で目立ってしまう
  • 金属アレルギーの原因となる
  • 歯ぐきの黒ずみの原因になる
  • 経年劣化する
  • 透明感があり、天然歯のような自然な美しい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯ぐきの変色が起こらない
  • 経年劣化がほとんどない

川平デンタルクリニックの取り扱い審美素材

インレー(詰め物)・クラウン(被せ物)
セラミック ジルコニア
セラミック
メタルボンド ハイブリッド
セラミック
セラミック ジルコニアセラミック メタルボンド ハイブリッドセラミック
歯科治療用に開発された、ニケイ酸リチウムガラスセラミックを使った詰め物です。天然歯のような透明感が特徴で、まわりの歯に合わせて色味を調整することができます。 人工ダイヤモンドの素材であり、非常に高い強度を持つため奥歯にも使用できます。内側にジルコニアを使用し、表面にセラミックを焼きつけた被せ物も製作可能です。 金属製フレームの表面にセラミックを焼きつけた被せ物です。強度と美しさを兼ね備えていますが、透明感の面ではセラミックやジルコニアに劣ります。また、金属アレルギーの心配もあります。 硬すぎて咬み合う歯を傷つけてしまうという、セラミックの欠点を克服したのがハイブリッドセラミックです。セラミックにレジンを混ぜ合わせた素材で、天然歯に近い弾力性を持ちます。
そのほかの審美素材
ファイバーコア ラミネートベニア
ファイバーコア ラミネートベニア
歯の土台となるコア(芯)にグラスファイバーを使った素材です。保険診療のメタルコアと比較すると、透過性の高い被せ物を取り付けても透けて見えることがありません。また、弾力性があるため歯の根の破折を防ぎます。 歯の表面をわずかに削り、そこへ薄いセラミック板を貼りつけます。ホワイトニングでは白くできなかった歯の見た目を改善したい場合に有効です。少しなら、前歯の歯並びの改善も可能です。

セラミック審美素材を使って歯並びを整える

セラミック矯正

セラミック矯正は歯の移動を行わない治療法です。セラミック製の被せ物を気になる歯に装着し、歯並びや歯の形を整えます。歯を移動させる矯正治療と異なり、痛みもなく短期間で治療が完了します。

 

上に戻る