入れ歯のお悩みは我慢せずにご相談ください

入れ歯は痛いもの」「しっかり咬めないもの」というイメージをお持ちで、我慢して使い続けている方も多いようです。しかし、決してそんなことはありません。入れ歯はサイズや咬み合わせなどを患者さまのお口に合わせて作ることで使用感が大幅に改善します。

横浜市港南区港南台歯医者「川平デンタルクリニック」では、入れ歯の製作だけでなく、入れ歯の修理・調整も手がけています。患者さまのライフスタイルも考慮しながら、最適な入れ歯のご提案が可能ですのでお気軽にご相談ください。また、訪問診療でも入れ歯治療や調整・修理に対応可能です。

どうして入れ歯は合わなくなるの?

患者さまのお口の状態は刻々と変化しています。そのため、最初はお口にぴったり合っていた入れ歯が、次第に合わなくなることも珍しくありません。こういった場合は、調整や修理で改善することができます。

入れ歯のお手入れについて

入れ歯を長く快適に使うためには、毎日のお手入れで清潔に保つことが大切です。入れ歯は、お口に装着して使うものですから、衛生状態が悪いとほかの疾患にもつながることがあります。そのために正しいお手入れ方法を覚えましょう。

入れ歯をご利用の方の中には、歯磨き粉で入れ歯を磨いている方がいるようです。しかし、一般的な歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、入れ歯表面に細かな傷をつけてしまい、細菌やカビが繁殖する原因となることがあります。入れ歯の掃除は必ず専用ブラシと入れ歯洗浄剤を使用してください。

保険診療と自費診療の違い

入れ歯治療は、大きく「保険診療」と「自費診療」に分けられます。保険診療は安価に入れ歯を作ることができますが、素材や形状が限定されます。一方、自費診療は自由に素材や形状を選ぶことができるので、患者さまに合った入れ歯を作ることが可能です。こちらでは、保険診療と自費診療の違いについてご説明します。

保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
  • 使用できる素材が歯科用プラスチック(レジン)に限定される
  • 部分入れ歯は金属バネつきしか選べない
  • 総入れ歯は床が厚くなりがちで使用感が悪い
  • 入れ歯だということが気づかれやすい
  • 咬み心地が悪い場合がある
  • 費用が安価
  • 壊れやすいが修理もしやすい
  • さまざまな材質・形状の入れ歯の中から選べる
  • 金属床は薄くて軽く、装着感がよく、
    食べ物の温度も感じられる
  • 耐久性が高いが、形状によっては修理できないケースもある
  • 製作期間が比較的長い
  • 費用が高額

川平デンタルクリニックの取り扱い入れ歯

保険診療
レジン床義歯 保険診療では、総入れ歯・部分入れ歯ともにこの素材しか使用できません。
レジン床義歯

[メリット]

  • 安価に作れる
  • 修理・調整が比較的簡単

[デメリット]

  • 床が厚くなるため、使用感・咬み心地が劣る
  • 耐久性が低い
部分入れ歯 1本~数本の歯が抜けてしまった際に使われるのが部分入れ歯です。保険診療では、「スクラプ」と呼ばれる金属のバネを使って固定するタイプしか選べません。
レジン床義歯

[メリット]

  • 安価に作れる

[デメリット]

  • スクラプが目立つ
  • スクラプがかかる、まわりの健康な歯に負担がかかる
  • 強度が弱い
  • 咬む力が弱い
  • 違和感がある
自費診療
ノンクラスプデンチャー 金属バネのない部分入れ歯です。
歯ぐきに当たる部分がシリコン素材で作られています。
ノンクラスプデンチャー

[メリット]

  • 金属バネがないので見た目が自然
  • 吸着がよく周囲の歯に負担をかけない
  • 弾力性があり、装着感がよい
  • 金属アレルギーの心配がない

[デメリット]

  • 時間とともに変色することがある
  • 激しい温度変化で変形することがある
  • 食べ物の温度は感じにくい
マグネットデンチャー 残っている歯と入れ歯に磁石を埋め込み、磁力で入れ歯を固定します。
マグネットデンチャー

[メリット]

  • まわりの歯への負担が少ない
  • 安定して長持ち
  • 自然な見た目
  • 咬み心地がいい

[デメリット]

  • 神経を取った残存歯にしか磁石が埋め込めない
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • MRI(頭部のレントゲン検査)に影響がでる
金属床義歯 お口の粘膜に当たる部分(床)に金属を使用した入れ歯です。
金属床義歯

[メリット]

  • 薄い
  • 食べ物の温度を感じられる
  • 丈夫で汚れの付着が少ない

[デメリット]

  • 金属アレルギーのリスクがある
部分金属義歯 総入れ歯同様、お口の粘膜が当たる部分(床)に金属を使用した部分入れ歯です。
レジン床義歯

[メリット]

  • 薄くて軽い
  • 食べ物の温度が感じられる
  • 臭いや汚れが付きにくいため清潔
  • 自由度が高く、よりフィットしたものが作れる
  • 丈夫で壊れにくい

[デメリット]

  • 修理が難しい
  • 金属アレルギーのリスクがある
インプラントオーバーデンチャー 2~6本のインプラントを顎の骨に埋め込み、
そのインプラントで固定するタイプの入れ歯です。
インプラントオーバーデンチャー

[メリット]

  • 入れ歯を固定できるので、外れにくく咬みやすい
  • 見た目が自然なので気づかれにくい
  • 取り外せるので簡単にお手入れができる

[デメリット]

  • インプラントを埋め込む手術が必要になる
  • 顎の状態によっては適用できないことがある
  • 自費治療のため比較的高価
  • 治療期間が長い

上に戻る