妊娠中・授乳中は十分なデンタルケアが必要です

妊娠中の方のお口の中は、ホルモンバランスの変化によって普段とは違う環境になっており、虫歯や歯周病になりやすい状態です。また授乳中の方においても、歯科治療の内容によっては乳児のために気をつけていただかなければならないことがあります。

横浜市港南区港南台の歯医者「川平デンタルクリニック」では、妊娠中の女性や授乳中の女性に十分配慮をした診療をご提供しています。妊娠中の場合も授乳中の場合もお子さまへの影響についてしっかり理解していただき、正しいやり方で積極的に治療やお口のケアを受けてください。

妊娠中は虫歯・歯周病になりやすくなっています

妊娠中は虫歯・歯周病になりやすくなっています

妊娠中はつわりで食事が不規則になったり、それまでのように歯磨きができなくなったりします。すると結果的に口腔内が酸性化してしまい、虫歯歯周病といったお口のトラブルを引き起こしやすくなるのです。

女性ホルモンによる影響

妊娠中は女性ホルモンの変化から身体にさまざまな変化が起こりますが、お口の中の環境も同じように変化します。特に女性ホルモンは、歯周病菌をはじめとした口腔内細菌の繁殖を促進する性質を持っています。その結果、妊娠性歯肉炎を引き起こしやすくなるため注意が必要です。

最近の研究によると、歯周病菌は妊娠中の母体ばかりか、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことが明らかになっています。歯周病菌に含まれる「サイトカイン」という物質が子宮の収縮を促し、それによって早産や低体重児出産のリスクが高まるのです。元気な赤ちゃんを出産するため、いつも以上に口腔ケアを丁寧に行いましょう。

妊娠中の治療で気になること

妊娠中の治療で気になること

妊娠中の歯科治療では、母子の安全のために注意すべきポイントがあります。当院では、妊婦の方に対して、細心の注意を払って安全な治療をご提供します。なお、受診時には必ず受付で妊娠中であることをお伝えください。

妊娠中のレントゲン検査について

妊娠中のレントゲン検査について

当院では被ばく量の少ないデジタルレントゲン撮影を採用しており、レントゲン撮影による被ばく量は太陽などの普段の生活の中で受けている放射線量より微量です。撮影時に当院では、お腹に放射線防御エプロンを着けていただきますので、放射能の影響はほとんどありません。ご安心ください。

妊娠中のお薬の服用について

基本的には、妊娠中の方には内服薬を処方いたしません。ただし、内服薬がないことで何らかの症状が悪化し、お母さまにも赤ちゃんにも悪影響が考えられる場合は処方することがあります。その際は、妊娠中の方に使用しても影響が少ないものを必要最小限で処方いたしますのでご安心ください。

妊娠中の麻酔の使用について

歯科治療で行う局部麻酔は、一般的な量であればお腹の赤ちゃんへの悪影響はないと考えられています。ただし、妊娠後期での麻酔の使用は早産につながるおそれがありますので、治療を中断して出産後に再開するケースもあります。

授乳中の治療で気になること

授乳中の治療で気になること

母乳を通して赤ちゃんとつながっている授乳中は、妊娠中とはまた違った注意や配慮が必要になるケースがあります。卒乳をするまでは、歯科治療においても赤ちゃんへの影響を考慮するようにしましょう。

授乳中のレントゲン検査について

放射能の影響はほとんどないので、妊娠中以上に安心してレントゲン撮影を受けていただけます。

授乳中のお薬の服用について

ほとんどの薬剤は母乳として赤ちゃんの体内に入ってしまうので、とりわけ授乳頻度が多い生後3ヶ月ぐらいまでの場合は妊娠中と同じような対応を心がけましょう。とはいえ、母乳への移行が最も多くなるとされる服用2時間後に授乳したとしても、体内に取り込まれる薬剤の量はお母さまへ投与した量の0.1%以下ですのであまり心配はありません。

授乳中の麻酔の使用について

歯科治療で使用する局部麻酔は非常に微量で、しかも麻酔の成分は体外に出て行くので影響が出る可能性はほとんどありません。医科の分野でも、生後間もなく手術が必要になるお子さまには麻酔を使用しています。それを考えても、麻酔の使用は問題ないと言えるでしょう。

上に戻る