港南台「川平デンタルクリニック港南台院」の基本情報

横浜市港南区港南台の歯医者「川平デンタルクリニック」では、幅広い診療メニューをご用意し、地域の皆さまの口腔内環境や健康の維持に貢献したいと考えております。ここでは、当院の医院情報診療項目をご案内いたします。

医院情報

医院名 医療法人社団 川平デンタルクリニック
住所 神奈川県横浜市港南区港南台4-17-28 2F
電話番号 045-353-5252
診療時間 [平日] 10:00~13:00 / 14:30~20:00
[土曜] 10:00~13:00 / 14:30~18:00
[日曜] 10:00~14:00
休診日 火曜・祝日

診療案内

当院では以下のような診療メニューに対応しております。

一般歯科

虫歯をはじめとしたお口のトラブルに対応しています。少しでも「歯が痛い」「歯がしみる」といった症状がある場合は、お早めにご相談ください。

根管治療

悪化した虫歯の場合、通常抜歯が必要になります。しかし、虫歯に冒された神経や血管などを歯の内部から取り除き、薬剤を詰める「根管治療」を行うことで、歯の根を残すことが可能です。当院は、「根管治療」にも対応しています。

予防歯科

虫歯や歯周病といった細菌性の病気は、「予防」を行うことで未然に防ぐことができます。さまざまな予防メニューをご用意していますので、お気軽にご相談ください。

歯周病治療

成人の約8割が感染しているといわれる「歯周病」の治療を行います。歯周病は、日本人が歯を失う原因1位の怖い病気。早期発見・早期治療が大切です。

妊娠中・授乳中の歯科治療

妊娠中でも歯科治療が可能な時期があります。当院のマタニティ歯科では、妊婦さんの体調に配慮した診療を行っています。また授乳中の歯科治療に関する「気をつけなければならないこと」についてもこちらでお話します。

小児歯科

子どもの虫歯治療や予防を行ったり、歯の生え方などをチェックしたりすることで、健やかな歯の成長をサポートしています。お子さまの歯に気になるところがありましたら、お気軽にご相談ください。

小児矯正治療

子どもの歯並びを整える矯正治療を行います。子どもの成長に合わせて無理なく整えていきますので、お早めにご相談ください。

矯正治療

歯並びの改善は見た目がよくなるだけでなく、虫歯の予防や正しい噛み合わせの実現にもつながります。

入れ歯治療

入れ歯治療では入れ歯の製作から調整・修理まで、入れ歯に関することすべてに対応します。保険適用の入れ歯はもちろん、自費診療にも対応しております。

インプラント治療

歯を失った際、顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、セラミックなどの人工歯を取りつけることで機能を回復するのがインプラント治療です。自然な見た目と咬み心地を実現できます。

インプラントも医療費控除の対象になります

セラミック審美治療

保険診療で使われる歯科用プラスチック(レジン)や銀歯などの歯科材料ではなく、白くて美しいセラミック(陶材)を使った治療を行います。天然歯と見分けがつかないほど自然に仕上げることができます。

歯科ホワイトニング

歯を削ることなく、薬剤を使って歯を白くする処置です。加齢とともに黄ばみを帯びてくる歯を自然な白さに回復させます。

親知らず治療

トラブルを抱えがちな「親知らず」を適切に診断し、抜歯が必要かどうかを判断します。抜歯が必要な場合は、できるだけ痛みを感じさせない方法で行います。

訪問診療

身体が不自由な方や高齢の方など、歯科医院への通院が困難な方のために、当院では医院から半径16kmの範囲を対象に「訪問診療(訪問歯科)」を行っています。

医療控除について

医療費控除は、所得税の確定申告時に申請することで所得税の一部が還付される制度です。生計をひとつにする家族が、前年の1年間で支払ったすべての医療費が10万円(総所得が200万円以下の世帯では総所得の5%)を超えた場合に医療費控除の対象となります。

申告の期間は翌年の2月16日から3月15日までです。管轄の区役所・市役所・税務署などの窓口か、郵送もしくはインターネットで申告することができます。申告をお考えの方は、1年間の医療費の領収書、必要書類、交通費などをしっかり保管しておきましょう。

医療費控除の計算方法

医療費控除額 ※1 医療費の合計額 ※2 保険金などで補填される金額 10万円※3

※1 控除の上限額は200万円です
※2 期間は治療費を支払った年の1月1日~12月31日です
※3 合計所得が200万円未満の場合は、10万円でなく所得金額の5%になります

インプラントの治療費も医療費控除の対象です

病院や診療所、歯科医院で支払った保険診療の治療費だけでなく、自費診療の費用も医療費控除の対象となります。美容目的・審美目的の治療や予防処置、人間ドックなどの健康診断などには適用されませんが、機能回復を目的としたインプラント治療は申請すると控除を受けられますのでぜひ覚えておきましょう。ただし、インプラントの料金などを分割で支払っている場合は、該当期間に実際に支払った金額だけが控除の対象となるのでご注意ください。

課税総所得金額 1年間で支払った医療費の総額(保険金などで補填される金額が無い場合)

上記は、所得に応じた医療費控除額のシミュレーション(1人あたりではなく1世帯あたり)です。収入800万円の世帯で該当する医療費が100万円あった場合は、30万円近く戻ってくる可能性があります。医療費控除の制度を上手に活用し、医療費負担を減らしましょう。詳細については歯科医院、もしくは税務署までご相談ください。

上に戻る